外壁塗装しないとどうなる?

2018/06/25

今日は外壁塗装の豆知識似ついて教えちゃいます。

外壁塗装の塗り替え時期は、家を建ててから約10年と言われています。定期的に壁を塗り替えることで、家を美しく保ち、住宅の資産価値も高まるのです。外壁は、目で見てもわからない部分で傷んでいることがあります。

 

外壁塗装の塗り替えを怠ると、外壁は確実に劣化します。見た目では分からなくても、外壁塗装の耐久性はどんな家でも必ず落ちます。何十年もそのままで平気な外壁など、ひとつもありません。

 

塗料の役割は、単に外壁の美観のためだけではありません。外気、雨風など外からの刺激から外壁を守ってくれることです。休みなく家を守っているわけです。

 

当然、その塗装は少しずつ少しずつ剥がれていきます。外壁の耐久性が落ちると、雨などの水分、湿気の浸入を防ぐ事ができません。外壁塗装がはがれてきて耐久性が無くなると、外壁自体にひび割れを起こします。ひび割れが起こると共に外壁が反ってきます。こうなると、益々外壁外壁の劣化は進行していきます。

 

外装の費用は、塗り替え時期にしっかりメンテナンスすることで価格を抑えることができます。